通常記事>英語圏ノウハウ

「通常記事>英語圏ノウハウ」の有益情報をお届け!

情報教材の購入とレビュー「TKCのハッピー☆アフィリエイト」

アフィリエイトやネットビジネス、ツールなど紹介していきたいと思います☆初心者さんに優しいブログ作りを目指します☆

通常記事>英語圏ノウハウ:カテゴリの記事一覧です。

2010年04月04日

日本のノウハウと英語圏ノウハウ

先日お話した、done for youですが・・・


・done for youとは?
コンセプトを「最初から全部揃えておきます」という教材で、英語圏では
主流となりつつあるノウハウです。

全部揃ってるので、あとはそれを使うだけ、という感じです。

学ぶ時間がない方には良い教材ですよね^^b
最初から成約率が高い記事で実践出来ますし^^

※done for youとは教材名ではなく、ノウハウの種類です。


で、今年は色んな所で、英語圏の教材を目にする機会が増えそうです。
やはり販売者さんも、早めに最新のノウハウを取り入れようとする方も
多くなりそうですしね(・∀・)


よろしければ応援クリックお願い致します♪

人気ブログランキングへ


人気ホームページランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村






別に国内のノウハウが悪いんじゃないんですが、今までの国内ノウハウは、
どうしても

・ブログの作り方

・メルマガの書き方

などの教材が多かったじゃないですか?
そこでdone for youだと、その「作り方・書き方」という順番を
すっ飛ばして、実践が出来ます。


・国内ノウハウは
「勉強して、自分が出来るようになりたい方」

・英語圏ノウハウは
「とにかく、すぐに成約率が高いものを使って利益が欲しい方」


って部分は間違いないかなと。

で、国内ノウハウで成果が出なかった場合、それは間違ってノウハウを
実践している可能性もあるし、そこで修正に時間かかったりしちゃいますよね。


なので、今まで国産ノウハウで成果が出なかった方は、英語圏のノウハウを
取り入れてみても良いと思うんですよね^^b
あ、作業量不足は別ですけどね^^;


例えば、PPCなんかだと「出稿50個したのに稼げません・・・」と
いう方がいるみたいなんですが、トップアフィリエイターさんから
すると

「たった50個ですか?」

みたいになるそうです^^;



で、まず実践は大事なんですが、ゼロからスタートして勉強するよりも、
done for you型のノウハウを実践すれば、時間が取れると思いません?

「最初から全部揃ってる」ということは、国内の教材を実践する時と比べ、
遥かに時間の節約になりますよね(・∀・)



英語圏のノウハウ「done for you」のメリットは・・・

・英語圏で最新・主流になりつつあるノウハウ

・最初から全て揃っている

・時間の節約になる

ということですね(・∀・)



で、もちろん

「僕(私)は、メルマガの書き方をマスターしたいんです!」と
思われる方もいると思います。

その場合、done for you型のノウハウを実践して、空いた時間で
メルマガの書き方を勉強すれば良いと思うんですよね^^



あと、英語圏ではdone for youが主流になってきてますが、
それ以外の教材も日本で販売されたりしてるんですよね。

もちろん最新のノウハウで、日本では知られていないノウハウも
多かったりします。
そういう意味でも、早めに英語圏のノウハウを手に入れることは
かなり美味しいと思います^^


で、そういうノウハウはインフォトップ等のASPではなく、
ペイパルで販売されることが多いです。


アフィリエイターさんなら、ペイパルのアカウントは
持ってたほうが良いですよ(・∀・)


持ってると、こういう選択肢も出来ますし^^
↓↓↓
【再配布権つき】ペイパルの稼ぎ方





2010年04月02日

done for youとは?

英語圏のノウハウの種類に「done for you」というものが
あります。
内容的には「こちらで全部用意しておきますよ」というのが
コンセプトになります。


日本のノウハウとは、ちょっとコンセプトが異なりますね^^


よろしければ応援クリックお願い致します♪

人気ブログランキングへ


人気ホームページランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村





日本では「ブログの書き方」「メルマガの発行方法」などが、
教材のノウハウですよね?

ところが英語圏では、この「全部やっておきますよ」が主流に
なりつつあります。
例えば例をあげると

・ブログ記事が最初からついてくる

・メルマガの記事が最初からついてくる


などですね(・∀・)
要するに「全部揃ってるから、あとはやるだけ」なんですね。

「ブログ作って、この記事貼って、このメルマガ記事を送信して下さい」
という感じの、至れり尽くせりな感じです(・∀・)


で、日本の教材だと、こうなります。

・成約が取れるブログはこうやって作ります

・反応があるメルマガはこうやって書きます

となります。



まとめると

・英語圏
最初から全て揃っているので、成約率や反応が高い記事を使用できるが、
それを学ぶ教材ではない

・日本
自分で記事などを書く必要はあるが、ノウハウをじっくりと学べるので、
後々は自分で成約率が高い記事を書けるようになる可能性がある


もちろん、初心者さん向きなのは【英語圏ノウハウ】ですね(・∀・)
学ぶのも良いですが、用意されてるものを使うだけなので、実践における
敷居がかなり低いんですよね。

で、今の日本のノウハウは、実践して吸収していく必要があります。
ここでつまづいてしまう方がやっぱり多いんですね。


ですが、最初から全部揃っている教材があればどうでしょうか?
実績や定評がある方と【まったく同じ記事やメルマガを使える】と
考えたら、めちゃめちゃメリットありますよね^^

※ブログ記事はSEO的に同じ記事は良くないので、リライトして
使うのが一般的です。



恐らく、2010年で一番良いのは、

done for you型教材を実践し、売上げがあがるようになったら
実践記事としてブログで展開し、それと並行して日本の教材で勉強する

というのが、いちばん効率は良いと思います(・∀・)
あ、もちろん英語圏ノウハウといっても、教材がぜんぶ英語とかでは
ないですからね^^;



話をまとめますね^^

・「全て揃えておきます」がコンセプトなので、すぐに実践可能です。
しかも、用意されているのはスペシャリストが作成した記事などです。

・日本の教材は「実践しながら学ぶ必要がある」ので、成果が出るまでは
時間がかかります。

・done for you型は全て揃っていて、成約も高いものが使えるのが
メリットです。

・早めに成果を出したい方はdone for you型ノウハウを実践、
勉強したい方は従来の教材が良いです。



実際、今年はdone for you型が流行ると思いますよ?
アフィリエイトの本場は英語圏なので、そこの最新ノウハウを知ることが、
先行者利益になりますよね(・∀・)



よろしければ応援クリックお願い致します♪

人気ブログランキングへ


人気ホームページランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

posted at 11:18
Comment(0)
カテゴリー:通常記事>英語圏ノウハウ
エントリー:done for youとは?
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。